記事一覧

ロンジン(LONGINES)万能カラーの腕時計で着こなしの印象が変わる


ロンジンは、1832年に創業した歴史ある時計ブランド。老舗ならではのクラシカルな雰囲気の機械式腕時計が人気を集めています。高級感がありながらもコストパフォーマンスに優れたモデルが揃っているため、機械式腕時計に初めてトライする方には特におすすめのブランドです。



ロンジンらしいクラシカルな香りを残しながらも、シンプルさを突き詰めたおすすめモデル「PRESENCE」。タイムレスでシーンを選ばないアイテムなので、ワードローブに加えておけば幅広い活躍が見込めます。

文字盤の中央には、ブランドの象徴である翼を持つ砂時計のロゴをオン。奇をてらわない王道デザインゆえに好みが分かれにくく、プレゼントにもぴったりなレディース腕時計です。



ロンジンの歴史を彩る名作を最新技術によりアップデートさせた「ヘリテージシリーズ」のレディース腕時計。腕の動きでゼンマイが巻かれる自動巻きモデルなので、毎日腕時計を着ける方なら止まる心配がなくおすすめです。

ベルトには高級感のあるアリゲーターレザーを採用。ケースは女性の華奢な手首にもすんなり収まる26mmサイズで、スクエアフォルムとローマンインデックスを組み合わせた古風なデザインに心がくすぐられます。

【関連記事】:http://iuiushop.top/

これぞアート! 圧倒的存在感を放つダイヤルを搭載した腕時計3選

ジックリ、ウットリ、眺めたい、思わず“鑑賞”してしまうアートな時計。圧倒的存在感を放つダイヤルから、もう目が離せません。

CARTIER
カルティエ/ロトンド ドゥ カルティエ ミステリアス デイ&ナイト
“お家芸”ミステリアス機構のデイ&ナイトに滲むロマン



K18PGケース、40mm径、手巻き。680万円/カルティエ 0120-301-757 © Cartier
午前7時から午後6時までは太陽が。そして、午後7時から午前6時までは月がダイヤル上半分に出現。24時間で1周するセンターのクリスタルディスクで時表示とデイ&ナイト表示を見事に組み合わせたミステリアス機構で、ダイヤル下半分はレトログラードミニッツに。

お家芸といえる複雑機構を組み合わせ、デフォルメされた天体の動きにロマンを滲ませる。また、ダイヤル下半分に施された放射状のギョーシェは、太陽の、あるいは月の光を思わせる、アートである。

GAGA MILANO
ガガ ミラノ/マヌアーレ 48MM スカルプチャー ゴールド&ダイヤモンド リミテッド エディション
個性派ケースにスカル彫刻とエングレービングが融合



世界限定30本。K18YGケース、48mm径、手巻き。320万円/ガガ ジャパン 03-6434-1516
懐中時計をベースに独自のラグを組み合わせ、ひと目でそれとわかる顔立ちを獲得した人気モデル、マヌアーレ。

限定モデルとして登場したのは、その名も「ロレックス腕時計修理」と、スカルと彫刻を意味する英語の駄洒落! イタリアのアルティザンが1点ずつ施したスカル彫刻ダイヤルと、アラベスクをエングレービングしたケースが融合し、ほかにない個性を発揮。

GUCCI
グッチ/G-タイムレス
おしゃれでポップに“猫もの”を楽しむなら


SSケース、38mm径、クオーツ。14万円/ラグジュアリー・タイムピーシズ ジャパン 03-5766-2030
あのツンデレ感がたまらない! と語ってやまないほどの猫派であれど、少々所持するのが憚られる“猫もの”。スーパーコピーブランド専門店だが、グッチのそれなら話は別だ。

猫好きでも知られるアレッサンドロ・ミケーレが、本作のモチーフに選んだのはイエローゴールドカラーのキャットヘッド。シルバーカラーのケースや、ハート、スターなどのインデックスが実にポップでスタイリッシュ。堂々と可愛がってやりたいのだ。


【関連記事】:皇室御用達の人気ブランド

既成概念の枠に収まらない“特別なカタチ”の時計のもつ引力

人とは違う自分らしい時計。それは丸形でも、角形でも結構だ。だが、時計という既成概念の枠に収まらないカタチがある。遠目からでも視線を集める、誰もを魅了する“特別なカタチ”の腕時計をご紹介。前編に続き、今回は後編。

CENTURY
センチュリー/プライムタイム
十二角形で表現された“時の宝石”



SS×サファイアクリスタルケース、38.5mm径、自動巻き。58万円/センチュリー銀座店 03-6278-8975
メンズウォッチには珍しい正十二角形のサファイアケース。ダイヤモンドに次ぐ硬度を持つサファイアクリスタルに手作業でカッティングを施したという、その美へのこだわりに驚く。

2種類のサファイアを一体化させる技法はセンチュリーが長きにわたり得意とし、社名に入る「タイムジェムズ」の名のとおり“時の宝石”そのもの。最新作はスケルトンダイヤルが個性に華を添える。

GRIMOLDI
グリモルディ/G.T.O.
随所にモータースポーツのエッセンスが宿る流線フォルム



SSケース、縦57.95×横36.4mm、自動巻き。28万5000円/ユーロパッション 03-5295-0411
オーバルケースを特徴とするイタリアブランドのモデル名は、あのGTカーとイタリア語「Gran Tipo Ovale(チュードル 時計 レディース)」を掛け合わせたダジャレ!

手首に沿うようにカーブをしたケースの、ほぼ直線が存在しない流麗なフォルムは、空気力学を考慮したまさにGTカーさながら。

レザーストラップでクルマの内装デザインを表現する遊び心も楽しい、伊達な個性派時計だ。

MECCANICHE VELOCI
メカニケ・ヴェローチ/クアトロヴァルヴォレ トゥールビヨン
お馴染みの「4つ窓」に現れたトゥールビヨン



今冬発売予定。K18PGケース、49mm径、自動巻き。1100万円[予価]/ビックグローブ 03-3401-8006
エンジンのシリンダーに見立てた大型ケースと4つのダイヤルが特徴の「クアトロヴァルヴォレ」。

そんなユニークなビジュアルのモデルが、このたびトゥールビヨンを搭載! 3つの時計表示はそのまま、右下の枠に秒針を動かすトゥールビヨンのキャリッジが収まる作り。

さらにペルラージュが施されたムーブメントが覗くスケルトンダイヤルも、この迫力に拍車をかけている。


【関連記事】:【送料込み】グッチ 19SS ラミネート レザー ミニバッグ

TUDORが日本正式デビュー。それは、本当に腕時計界最後の大物か?

腕時計業界最後の大物が、満を持して日本に上陸する。そんな大げさなタイトルを付けるべきか悩んだけれど、それでもあえて言いたい。とうとう、あのチューダーが日本に上陸するのだから。



まず、チュードル? チューダー? 正解はどっち?
1926年創業の歴史あるブランドであり、近年数々の話題作を発表し続けているチューダー。日本ではこれまで「チュードル」の名で知られてきたが、このたび、本来の「チューダー」の名を冠し、日本デビューを果たすことになった。

ここ数年、ヴィンテージウォッチ市場での評価がうなぎ上りのこのブランド。なかには数年前の5倍以上の価格がつけられているモデルもある。近年は、セカンダリーマーケットの評価が現行モデルのブランド価値に強く反映される傾向があるだけに、その注目度は高い。

ロレックスの廉価版という認識の間違い
チューダーといえばロレックスの廉価版。そう思っている人も多いかもしれない。しかし、それは必ずしも正確ではない。確かに、ロレックスと比べて価格は非常にリーズナブルだが、それは単に安くして大量に売るための価格ではなかった。



ロレックスの創立者ハンス・ウイルスドルフが、“ロレックスの技術力を世に広く知らしめるために創設したブランド”というのが正しい理解である。チューダーにロレックスの技術を一部移管し、手頃な価格でそれを体験してもらうのが本来の狙いだったのだ。そのため、価格に対してオーバースペックなモデルが歴史的にも多く存在している。



チューダー オイスター プリンス」。焼けたダイヤルと通称“小バラ”が歴史を物語る。リュウズにはロレックスの王冠マークが。
1952年に発表した「チューダー オイスター プリンス」などはその好例。外部から調達したリーズナブルな手巻き式のムーブメントに、それまでロレックスが門外不出としてきた「オイスターケース」と独自の自動巻き機構「パーペチュアルローター」の2つを惜しげもなく搭載したのだ。

NEXT PAGE 2/2
チューダーは、なぜ今、日本上陸を決めたのか?
ではなぜ、チューダーはこれまで日本で正規販売されず、また、このタイミングで上陸に至ったのか。

まず、前者についてだが、日本では、かなり早い段階からロレックスの技術力が高く評価されたことが大きい。そのため、わざわざチューダーを投入する必要性がなかったのがその理由。一方、このタイミングでの上陸には、修理部門からの声が少なからず影響を与えている。

近年の世界的なチューダー人気により、日本国内にもさまざまな形でチューダーの時計が入ってくるようになった。日本ロレックスではチューダーの販売はなかったものの、修理などメンテナンスに関しては対応してきたのだが、中にはジェネリックパーツが使われるなど、精度に大きな問題をかかえる個体が存在していたという。そうした状況から消費者を守るため日本での正規販売を決めた、というのがその実のようだ。

チューダーは機械がそこそこ、というのはもう古い!?
チューダーの個々の時計に目を向けると、「ロレックスと同様の魅力」と「ロレックスにはない魅力」の2つが共存していることがわかる。ここでは、その点についてじっくり見ていきたい。

まず、ムーブメントについて。かつては社外製ムーブメントを使用してきたチューダー。それこそが低価格の源泉でもあったが、現在、多くのモデルで自社製ムーブメントを採用している。なかでも2015年発表の自動巻きムーブメント「MT5612」の存在は大きい。



人気モデル「ペラゴス」に搭載されている自社製ムーブメント「MT5612」。マニュファクチュールとしても高い自信を覗かせる。
その精度は日差マイナス2秒以内プラス4秒以内。ロレックスの日差マイナス2秒以内プラス2秒以内という基準には及ばないものの、一般的に高精度の象徴として用いられるC.O.S.C.(スイスクロノメーター認定)が定める日差マイナス4秒以内プラス6秒以内という基準は大きくクリアしている。パワーリザーブも約70時間と長めで実用的だ。ロレックスとチューダーでは、技術者の人事交流もあるというから、その機械の完成度の高さも十分にうなずける。

一方、クロノグラフモデルには、名門ブライトリングと共同開発したムーブメントを搭載したモデルもある。こちらにも自社製ムーブメントと同様にロレックスが誇るシリコン製バランススプリングを使用している。これは磁気帯びの心配がないという優れものである。それでいて、価格は50万円アンダーというから驚きだ。


【関連記事】:見栄えが良く、トレンディなものは常に最も美しいあなたに属します

ベル&ロス「BR05」のユニークピースがオンリーウォッチに出品

日本時間の11月9日22時にジュネーブで開催されるチャリティーオークションのオンリーウォッチ。多くのブランドが協賛し、ユニークピースを出品する同オークションより、今回はベル&ロスが手掛けた「時計スーパーコピー」を紹介しよう。

ベル&ロス「BR05 スケルトン ゴールド ブルー」



ベル&ロス「BR05 スケルトン ゴールド ブルー」
自動巻き(Cal.322)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約42時間。18KRGケース(幅40mm)。100m防水。落札予想価格2万〜2万5000米ドル。
人類の筋ジストロフィー克服への一歩
 本日、11月9日にジュネーブで行われるオークションの「オンリーウォッチ」は、モナコ筋ジストロフィー協会によって主催されるチャリティーイベントである。

 同イベントは、不治の病として多くの人を苦しめる筋ジストロフィーの根絶という理念に賛同した時計メーカーがその名の通り“オンリーウォッチ”、つまり世界にたったひとつしか存在しないユニークピースを出品し、その収益金の全額をデュシェンヌ型筋ジストロフィ国際医学研究プロジェクト協会に研究費として寄付するというものだ。

ベースはベル&ロス初の“ラグスポ”ウォッチ BR05
 これまでにもwebChronosではいくつかの出品予定モデルを紹介してきたが、オークションが開催される前に、もう1モデルを紹介させていただこう。それがベル&ロスが9月にローンチしたばかりの新コレクション、「BR05」をオンリーウォッチ特別モデルに仕立てた「BR05 スケルトン ゴールド ブルー」だ。

 BR05はベル&ロスとしてはじめて“ラグジュアリースポーツ”というジャンルに挑戦した意欲作だ。それまで同社と言えば航空機の計器からインスピレーションを得たBRシリーズや、伝統的なアビエーションウォッチなど、ミリタリーテイストの印象が強いモデルを多く展開していたが、今作では打って変わって“都会的”な印象をまとっている。



今回出品する「BR05 スケルトン ゴールド ブルー」はそんなBR05シリーズのなかでもインパクトを放っていた「BR05 スケルトン」をベースに、オリジナルモデルには用意されていなかった18KRGケースを組み合わせる。サテンとポリッシュ、ふたつの仕上げを巧みに組み合わせて立体感と高級感を得たケースとベゼルは、まさに“ラグスポ”のお手本だ。

特徴的なブルーカラー
 そんなオンリーウォッチ特別モデルで目を引くのが、各所に取り入れられた爽やかなブルーだ。同作ではスケルトン化されたムーブメントをブルーに見せるべく、地板とインデックスの間に差し込まれているサファイアクリスタルをブルーにコーティング。ブライトリング コピーさらに自動巻きムーブメント、Cal.322のローターもブルーのPVDが施されている。



なお、ローター中央に配される「&」をかたどったブランドロゴがケースカラーに合わせて黄色とされている点も、同作のオリジナルだ。
BR05 スケルトン ゴールド ブルー
 オンリーウォッチはこの後、日本時間の22時より開始され、50本のユニークピースが競売に掛けられる。BR05 スケルトン ゴールド ブルーの落札予想価格は2万〜2万5000米ドルだ。


【関連記事】:茨城県の最新ファッション情報

リシャールミルジャパンがチャリティオークション2021で特別モデルを出品

チャリティー活動に精力的に取り組むリシャールミルジャパンは、「チャリティオークション2021」を開催し、美しいブルーのカラーが特徴的な「RM 67-02 フェルナンド・アロンソ プロトタイプ」を出品する。



リシャール・ミル「RM 67-02 フェルナンド・アロンソ プロトタイプ」
ブルークオーツTPT®によるランダムなパターンが美しい。ウブロ時計ラクマこの素材は耐衝撃性にも優れており、7.8mmという薄型のケースでありながらスポーツ競技にも対応できる驚異的なスペックを持つ。自動巻き(Cal.CRMA7)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約50時間。ブルークオーツTPT®×カーボンTPT®(縦47.52×横38.70mm、厚さ7.80mm)。30m防水。世界限定1本。参考価格1690万円相当(RM 67-02他モデルより参照)。
リシャール・ミル「RM 67-02 フェルナンド・アロンソ プロトタイプ」
 リシャールミルジャパンは、2011年の東日本大震災、16年の熊本地震の復興支援や、国内外の財団の支援など、これまで多くのチャリティー活動に精力的に取り組んできた。18年には「リシャールミルジャパン基金」を設立し、より一層明確なチャリティー活動を行うための基盤を整えた。

リシャールミルジャパンのチャリティー精神が宿るユニークピースが登場
 そんな同社が今回、「チャリティオークション2020」を開催する。ここで出品されるのは「RM 67-02 フェルナンド・アロンソ プロトタイプ」1点である。多様な素材を自在に操る同社らしく、複雑なプロセスを経て製造されるブルークオーツTPT®がケースに使用されている。

 同素材では、600層以上のシリカ繊維に樹脂を染み込ませ、各層の繊維を織り込み、加熱することで美しいランダムな模様を実現させた。また、ダイアル外周を彩るイエローの見返しと全体を引き締めるレッドは、レーシングドライバーであるフェルナンド・アロンソ氏の出身地、スペインの国旗をモチーフとしたものである。

 オークションは20年4月15日(水)11時から同年6月15日(月)19時まで、封印入札方式(ファーストプライスオークション)で開催され、最高落札者複数名の場合は抽選によって決定となる。入札を希望の場合は、指定の申し込み用紙に必要事項を記入し、「リシャール・ミル 銀座」または「リシャール・ミル 大阪」の店頭への持ち込み、もしくはFAXにて申し込みを行うことができる。



実物は納品までの間、リシャール・ミル銀座、大阪、または同社のイベント等で展示される。
 なお落札金額はリシャールミルジャパンの公式サイトにて発表され、全額が東北や熊本を含む国内外の財団などに寄付される。


【関連記事】:品鑑高級時計

タグ・ホイヤーが名作「ホイヤー カレラ」のリ・エディションで160周年を祝う

タグ・ホイヤーは、創業160周年という特別なアニバーサリーを称え、1960年代のデザインに21世紀の革新的な時計製造技術を融合させた、「タグ・ホイヤー カレラ 160周年 シルバーダイヤル リミテッドエディション」を発売する。



タグ・ホイヤー カレラ 160周年 シルバー ダイヤル リミテッドエディション
自動巻き(Cal.ホイヤー02)。33石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約80時間。SS(直径39mm)。100m防水。スペシャルBOX付き。69万5000円(税別)。7月中旬発売。公式サイトにて先行発売中。


現代の技術が取り入れられたヴィンテージデザイン
 1860年、創業当時ホイヤーという社名だったタグ・ホイヤーは、エドワード・ホイヤーよってスイスのサンティミエに設立された。以来、160年の歴史の中で数々の変遷を経験するとともに、先端技術の革新や新作の開発を熱心に追い求めてきた。「タグ・ホイヤー カレラ」コレクションは、約60 年前の発売以来、ブランドがモーターレーシングで築いてきたヘリテージと大胆な精神を守り続けている。世界限定1860本の限定モデルは、公式オンラインブティックで先行販売し、7月中旬には正規店でも販売する。



1962年、当時のCEOジャック・ホイヤーは、事故死が絶えない過酷なロードレース、伝説のカレラ・パンアメリカーナ・メヒコ レースの話を耳にした。「カレラ」はスペイン語で道路やレース、キャリア、コースなどを意味する。彼はこのワードが、新しいタイムピースにぴったりだと直感した。「ホイヤー カレラ」のクロノグラフが初出荷されたのはその翌年、1963年のことだった。こうして、アドレナリン満載のレースの中でも時間を素早くチェックしなくてはならないレーサーにとって、視認性の高いクロノグラフが生まれたのだ。



ブランドの160 周年記念にふさわしいモデルはやはり、3カウンターとスターバーストを彷彿させるシルバーカラーのダイヤルでよく知られた、1963 年作のモノクロームシルバーダイヤルモデルだ。今年「2447S」とも呼ばれるこのモデルが、アップデートされて新しく発売される。オリジナルでは36 mmだったケース径が39mmに、また1963年に採用された「バルジュー72」と今回採用している「キャリバー ホイヤー02」ムーブメントの構造の違いにより、9時位置にあったスモールセコンドが6 時位置に置き換えられている。もう一つの変化はセンターの時針と分針だ。面取り加工が施され、ベージュのスーパールミノバ®が塗布された。ダイヤルにはカレラの名前とホイヤーのシールドがプリントされており、その上をドーム型のサファイアクリスタルが覆って、オリジナルの「ホイヤー カレラ」をしのばせるレトロな仕上がりとなっている。

公式サイトにて先行販売
ブラックのアリゲーターストラップを組み合わせたこのモデルは、ホイヤー創立年の数字と同じ1860本の限定モデル。ケースバックには「One of 1860」と「LIMITED EDITION」の文字がエングレーブされる。ねじ込み式のサファイアクリスタルから鑑賞できる新デザインのローターには、アニバーサリーエディションを表すラッカー仕上げのエングレーブが施されているほか、パッケージも特別仕様となる。タグ・ホイヤー公式オンラインブティックにて先行販売中だ。

暗所にも対応できるクロノグラフ

「フリーガー F- 43 バイコンパックス」は、名前が示す通りふたつのインダイアルが横一列に配されたクロノグラフ。3時位置と9時位置にはそれぞれ30分積算計とスモールセコンドを備えるが、視認性に影響を与えることなくシンプルにまとめ上げられた明瞭なデザインを持つ。無駄を省いた端正なケースとも相まって、実用性に富んだフォルムである。


フォルティス「フリーガー F-43 バイコンパックス」
自動巻き(Cal.UW-51)。27石。2万8800振動/時。SS(直径43mm)。20気圧防水。38万円(税別)。2021年1月発売予定。
 ダイアルには上述したシンクロラインとブリックストラックが採用されている。フリーガーの基本的なデザインコードは共通だ。

 また、ステンレススティール製ブレスレット仕様とレザーストラップ仕様の2種類がラインナップされており、自分好みのスタイルに合ったものを選択できる。ステンレススティール製のブレスレットには、微調整が可能なスライディングクラスプが採用されているため、多様な環境において大いに役立つだろう。



フォルティス「フリーガー F-39 オートマティック」
自動巻き(Cal.UW-30)。26石。2万8800振動/時。SS(直径39mm)。20気圧防水。25万円(税別)。2021年1月発売予定。
 無駄のないフォルムのケース、ブラックダイアルと剣型の時分針、グリーンのスーパールミノバ、蛍光仕上げを施したオレンジ色の秒針。このデザインコードは1987年に誕生した初代フリーガーから継承されてきたものだ。30年以上にわたってフォルティスが確立してきた要素を進化させて誕生した2本である。

 最低限の表示でシンプルだからこそ視認性は抜群。上述したシンクロラインとブリックストラックが採用されていることは言うまでもない。新生フリーガーに共通する優れた要素を備え、プロフェッショナル御用達の機能を存分に活用できるエントリー機だ。



フォルティス「フリーガー F-41 オートマティック」
自動巻き(Cal.UW-30)。26石。2万8800振動/時。SS(直径41mm)。20気圧防水。25万円(税別)。2021年9月発売予定。


フォルティス「フリーガー F-41 オートマティック」
自動巻き(Cal.UW-30)。26石。2万8800振動/時。SS(直径41mm)。20気圧防水。25万円(税別)。2021年1月発売予定。

ジャガー・ルクルト【2021 新作】ふたつのダイアルを楽しめる「レベルソ・デュエット・ミディアム」

男女問わず人気の高いジャガー・ルクルトのレベルソ・コレクションに新しいモデルが加わった。裏と表、ふたつのダイアルを持つ「レベルソ・デュエット・ミディアム」はピンクゴールドとステンレススティールのモデルがラインナップされ、新たに自動巻きムーブメントが搭載された。



自動巻きキャリバーを搭載した新たな“デュエット”モデル
 ジャガー・ルクルトは2021年の新作として「レベルソ・デュエット・ミディアム」を発表し、同社のアイコニックなモデルであるレベルソのレディースコレクションをより充実させた。スーパーコピーこれまで手巻きのムーブメントを搭載していた、ふたつのダイアルを持つレディースの“デュエット”モデルに、初めて自動巻きムーブメントを搭載したモデルが登場した。



ジャガー・ルクルト「レベルソ・デュエット・ミディアム」
自動巻き(Cal.968A)。30石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約38時間。SS(縦40mm×横24mm、厚さ9.5mm)。30m防水。149万6000円(税込み)。
 ジャガー・ルクルトの最もアイコニックなコレクションで、今年誕生90周年を迎えるレベルソは、スポーツなどで時計を着用する際、風防を保護するために反転式のケースを採用したモデルだ。元々はプレーンなケースバックだったが、1990年には第2時間帯を表示するためのダイアルをケースバックに配置した、レベルソ・デュオが誕生した。



ひとつのムーブメントで2組の針を動かすという画期的な仕組みを取り入れ、ダブルダイアルのコンセプトはレベルソ・デュエットとして新たにデザインされた。表と裏でデザインが大きく異なっており、クラシカルとエレガンスの2面性を併せ持つ、独創的な表情を楽しめる。
 今作の表ダイアルには、2種類のケース素材に合わせられたカラーのアラビア数字が植えられ、中央の長方形にサンレイ仕上げのギョーシェ彫りが施されている。ロレックス デイトナ コピーその周囲をレールウェイミニッツトラックが囲み、視認性の向上とクラシカルなイメージに貢献している。

 裏ダイアルには、ホワイトカラーの表ダイアルと対照的な深みのあるカラーリングを採用した。ダイアル中央にサンレイブラッシュ仕上げのサークルがあり、その周りをケース素材に合わせたリングが囲む。リングから放射状に施されたギョーシェ彫りがサンレイパターンを描き、アワーインデックスのゴールドまたはステンレススティールが、全体のアクセントになっている。


ジャガー・ルクルト「レベルソ・デュエット・ミディアム」
自動巻き(Cal.968A)。30石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約38時間。18KPG(縦40mm×横24mm、厚さ9.5mm)。30m防水。286万円(税込み)。
 この新しい自動巻きモデルに採用されたのは同社の自社製キャリバー968Aで、裏ダイアルの中央に配された小窓からローターを目にすることができる。レディースギフトガイドアラビア数字の「12」のみを配するなど、これまでの手巻きモデルには無かった要素を持たせることで、より洗練されたディティールを与えたのだ。そして、ケースの上下にあしらわれたゴドロン装飾にはダイアモンドがセットされ、高級感を感じさせる仕様となっている。

新作カシオ G-SHOCK パートGA-140シリーズ


GA-140GB-1A1JF
¥16,000 +税



GA-140GB-1A2JF
¥16,000 +税



GA-140GM-1A1JF
¥14,500 +税

パネライ 時計 ベルト1983年の発売以来、飽くなき強さを求めて進化を続けるタフネスウオッチG-SHOCKから、文字板デザインや針の形状がアップデートされた新しいデジタル・アナログコンビネーションモデルが登場しました。

マットな黒で仕上げたGA-140GMと、磨きがかかったようにグロスフィニッシュした黒とゴールドが特徴のGA-140GBの2タイプをラインアップしています。

タフな構造はそのままにシックな着こなしにも映える冬のストリートファッションにぴったりなG-SHOCK ギャリッシュカラーシリーズの登場です。

ネイビーのTUDOR(チューダー)は特別な意味を持つ。新作が継承したブランドの歴史

日本語で濃紺と訳されるネイビーブルー。海を愛する人間にとって、水面の青と深海の黒のちょうど間を表現するこの色には、特別な想いがあるはずだ。

しかし、チューダーの「ブラックベイ フィフティ-エイト」から7月1日に発売された新作の“ネイビーブルーモデル”には、それ以上の深い意味が込められている。


「ブラックベイ フィフティ-エイト」SSケース、39mm径、200m防水、ファブリックストラップ 33万2000円/チューダー(日本ロレックス / チューダー 03-3216-5671)
チューダーのフラッグシップモデル「ブラックベイ」。その中の小径モデルである「フィフティ-エイト」は、本格ダイバーズの中では珍しい39mmという小ぶりなサイズが人気を博している。

今回この「ブラックベイ フィフティ-エイト」に採用されたネイビーブルーは、チューダーにとっても特別な意味を持つ色なのだ。

1969 年、チューダーはブランドで初めてブルーのダイヤルとベゼルを備えたダイバーズウォッチを発表し瞬く間に人気のモデルとなった。その後、チューダーのそのほかのスポーツウォッチモデルにも次々とブルーを採用し、その引き込まれるような独特の青は“チューダー ブルー”として世間に広く知られるようになる。

また 1970 年代、フランス海軍に採用されチューダーにとってエポックな存在であったダイバーズウォッチも、同様にブルーのカラーを採用していた。



左がSSブレスレットモデル 36万3000円。右がファブリックストラップモデル 33万2000円/ともにチューダー(日本ロレックス / チューダー 03-3216-5671)
「ブラックベイ フィフティ-エイト」のネイビーブルーモデルは、これらのチューダーにとって歴史的なモデルたちの伝統を受け継ぐモデルなのだ。



さらに今作の特別仕様が、「“ソフトタッチ”ストラップ」という新たなレザーストラップが用意されていること。実用性が高くアニマルフリーな素材であるシンセティックレザーを採用し、ベルト表面は若干毛羽立ったスエードのように仕上げられている。柔らかで着け心地が良く、深みのあるネイビーブルーは、夏の装いにもよく似合う。“ソフトタッチ”ストラップモデル 33万2000円/チューダー(日本ロレックス / チューダー 03-3216-5671)
海を愛する男にとって、そしてチューダーにとって深い意味を持つ「ブラックベイ フィフティ-エイト」の新たな“ネイビーブルーモデル”。夏のTシャツスタイルに“深み”を持たせるには、恰好のダイバーズウォッチだと言えるだろう。


本格的に黒くなったTUDORの“ブラックベイ”が遂げた、都会的な進化

チューダー(TUDOR)のダイバーズウォッチのなかでも根強い人気を誇る「ブラックベイ」シリーズ。

そこに新たに、思いきり“ブラック”しているモデルが誕生した。



とにかく黒くて、とにかく渋い。

ダイヤルからベゼル、ケースにいたるまでブラックに染められた本モデル。セラミック製ケースの表面にはサンドブラスト加工が、面取りされた斜面にはポリッシュ加工が施されている。

ブランドのアイコンである「スノーフレーク針」とベルトのステッチを、あえてホワイトにしたことで、全体のブラックをいっそう引き立てている。

そして“ブラック化”はこんな部分にも。


キャリバーは「MT5602-1U」を搭載。2015年に発表されたチューダー初のキャリバー「MT5602」を継承したもので、ご覧のように全体を黒くしているのが特徴だ。

防水性能は水深200mまで対応。約70時間のロングパワーリザーブを有しているから、週末に外しておいても針は止まらない。優れた耐磁性も備えているおかげで、家電やPCなどの磁気にも影響されにくい。

高い機能性を持ち、しかも実用的。海はもちろん、街でも大いに活躍してくれること請け合いだ。

実はこのキャリバー、チューダー初となるMETAS(スイス連邦計量・認定局)による“マスタークロノメーター認定”も受けている。

これは精度、耐磁性、防水性、パワーリザーブといった機械式時計に求められる性能を検証する制度のこと。各基準が極めて高いことで知られ、認証を得るには数々のテストをクリアしないといけない。本モデルは、そんな厳しい試験をパスするほど卓越した性能を持っているのだ。


【関連記事】​​​​​​​: 流行の単一の製品ど最新の組み合わせ 

オリンピックのトライアスロンが好きな腕時計おすすめブランドおすすめ。

「カルティエ」は1847年に生まれた高級ジュエリーブランド。「世界5大ジュエラー」としてのイメージが強いブランドですが、おしゃれな腕時計も豊富に取り扱っており、日本でも多くの方に愛用されています。

代表作は無駄のないラインが特徴の「タンク」シリーズ。アンティークな雰囲気が好みの方におすすめのブランドです。

カルティエ(Cartier) タンク ソロ ウォッチ LM W5200004

同ブランドを代表する人気モデル「タンク ソロ」のクォーツ式腕時計です。スーパーコピー時計すっきりとしたスクエア型のフォルムが特徴。ケースには上品な光沢が魅力のイエローゴールドを採用し、リューズには飾りがあしらわれています。

落ち着いたブラウンのアリゲーターストラップもおしゃれ。ケースサイズは34.8×27.4mmと小さめなので主張しすぎず、スーツにも違和感なくマッチします。普遍的なデザインで、飽きずに長く愛用できるおすすめのビジネス腕時計です。

カルティエ(Cartier) タンク アメリカン MM WSTA0017

縦に長いスチール製のスクエアケースを採用したビジネス腕時計です。ケース全体がゆるやかにカーブしているのが特徴。カルティエ 時計 アンティークレトロな印象の文字盤にはブルースチールの時針・分針があしらわれており、デザインにアクセントを加えています。

ムーブメントは自動巻き。また、日常生活防水も備えているので、天気が悪い日でも安心して着用できます。スーツはもちろん、ドレッシーな服装にも合わせやすい、おすすめのビジネス腕時計です。

オリンピックのビーチバレーボール選手が好きな腕時計おすすめです。


チューダー、ヘリテージ ブラックベイ。

お値段の方は、245,000円。

これからの季節に大活躍しそうな、チューダーのダイバーズウォッチ。

ドーム型のサファイア風防に、スチール製リベットブレスレットを組み合わせた、マニア好みの1本になります。

絶対にないだろうけど、本家ロレックスでドーム型風防やリベットブレスを復刻するようなことがあれば、かなり売れるだろうと思うのですがどうでしょうか。

とはいえ、ロレックス色もかなり薄れ、独自路線を歩んでいるチューダー。

日本上陸も果たし、今後ますます楽しみなブランドですね。


パネライ、マーレノストゥルム。

お値段の方は、598,000円。

個人的にはかなりびっくり価格のパネライ、マーレノストゥルム。

本当にお買い得だと思うのですが、値段に間違いはないのでしょうか。

もともと、かなりマニアックなモデルなのと、パネライ 時計 人気このモデルを見てパネライと分かるのはかなりのマニアの方だろうということで、こういった価格になってしまうのかもしれませんが・・・。

とはいえ、パネライブランドが復刻された当初は、このモデルがラインナップされていたんですけどね。

1000本限定ということで、パネライのリミテッドエディションがこの価格で買えるのは、本当にお買い得だと思いますよ。

ADLC加工が施された大人の男を魅了するサントス登場

2018年に登場して以来、人気を集めているサントス ドゥ カルティエ LMに魅力的なモデルが追加されました。ADLC(非晶質ダイヤモンドライクカーボン)加工がベゼルのみに配されたWSSA0037と、ケース全体に施されたWSSA0039です。

ADLC加工とは(Amorphous Diamond Like Carbon)の略で、カーボン素材をベースにダイヤモンド並みに表面を硬度強化することで、傷が付きにくくなる加工技術です。カーボン素材を加工しているため、表面はマットな男性らしい印象を与えてくれます。

ADLC加工は今回が初めて採用されたものではなく、男性向け時計として2010年から生産されていたカリブル ドゥ カルティエにも採用されていた素材です。2020年に生産終了となったカリブル ドゥ カルティエで好評だった素材が入れ替わるようにして今回サントス ドゥ カルティエ LMにラインアップされたということになります。


サントス ドゥ カルティエ LM Ref.WSSA0039

ここからは新作を個別にみていきましょう。 ベゼル、ケースすべてにADLC加工が施されたステンレススチールケースを採用したサントス ドゥ カルティエ LM Ref.WSSA0039。

ブラック文字盤にホワイトのローマンインデックス、剣型の針は夜光塗料(スーパールミノバ)が塗布されており、暗闇ではグリーンに輝きます。りゅうずの先端にはケースの雰囲気に合わせて、ブラック シンセティックスピネルが埋められ、大人の男性を魅了するサントスの雰囲気を醸し出すのに一役買っています。

ラバーストラップにはビスが埋められ、ブレスレットテイストで装着が可能。ブラックアリゲーターのストラップも付属されています。

サントス ドゥ カルティエ LM Ref.WSSA0037

上記とは異なりベゼルにのみADLC加工が施されているのが、サントス ドゥ カルティエ LM Ref.WSSA0037。

文字盤のカラーはグレーで、レイルウェイの内側は縦に筋目が入り、外周には放射状に筋目が入る凝った仕様。サントス ドゥ カルティエの共通装備である、「クィックスイッチ」システムを採用しているため、付属されているラバーストラップに簡単に交換ができるのが嬉しいポイントです。

ストラップの交換方法は次の記事で詳しく解説していますので、ぜひ合わせてお読みください。

【関連記事】:2021オリンピック年友達へのプレゼント

オリンピックのビーチバレーボール選手が好きな腕時計です。

近代的な機械式モデル「オートマチック」とは異なり、1960年代のディテールを懐古した「エアロジェット オートマチック」。当時見られた文字盤上の十字ラインとバーインデックス、6時位置から機構を味わえるオープンハート仕様が特徴だ。品のあるローズゴールドPVD加工を施した41mm形ケースと型押しレザーストラップが、クラス感のある手元を演出してくれる。また、いちいち腕時計をはずさずに操作できる2時位置のリューズもユニークな意匠だ。

初代モデル以降、現在までに多様なデザインが登場している「ヨットマスター」ですが、ハイエンドモデルの立ち位置にあるがゆえに、スポーツモデルでありながら素材としてオールステンレスのモデルはラインアップされていません。では、どんなデザインが存在しているのでしょうか。まず登場したのは、SSとイエローゴールドを組み合わせたロレゾール。ロレゾールとは『ロレックス スーパーコピー』が1933年に特許を取得した、いわゆるコンビモデルのこと。その後、2016年に登場したSS×エバーローズゴールドはエバーローズロレゾールと呼ばれ、「ヨットマスター」に初めて採用されるなど、アイデンティティの1つとして受け継がれています。


一般的なクォーツムーブメントに比べて6倍の精度を誇る高精度クォーツを搭載し、1秒間に16ステップという細やかな秒針の動きによる“スイープ運針”を実現した「プレシジョニスト」シリーズ。ロレックス腕時計修理さらに、1/10秒と1/100秒両方を計測する12時カウンター、時・分カウンター、レトログラード表示の1/1000秒計測器という4つのサブダイヤルを配置したクロノグラフ仕様によりメンズ好みのメカニカルさを加速させている。46mmサイズのケースも相まって、腕元の存在感は別格だ。

父の日 オリンピックのゴルファーが父に時計を贈る

色とデザインで主張する
迫力派手時計をドレスUPに
華やかなパーティシーンこそ、袖口で遊ぶべき。色やデザインで素材を主張する派手めな時計が、ドレスアップした着こなしを個性豊かにしてくれる。

HUBLOT
ウブロ ビッグ・バン ウニコ ブルーマジック。この時計の詳細と、その他のオススメ時計は下のフォトギャラリーにて!
今日は何する?何着る?

ドレスアップした装いを袖口でドレスダウン
パイピングが効いたピークトラペルの3ピースに渋めのオレンジのシャツを合わせ、ボウタイを締める。人気のウブロ 腕時計ジャケットはくるみの1ボタンで、ボトムは則章入りでタキシード風。ブラックタイのドレスコードにはそぐわないが、カクテルやセミフォーマルならこれくらい遊んだドレスアップも悪くはない。街が華やぐ今の季節なら、なおさら。袖口も存在感が強い時計で個性豊かに着崩すのが、正解である。

近年、時計界には多様な新素材が登場し、それらを自在に組み合わせる技術が確立されている。例えばウブロは、レイヤード構造で立体的な「ビッグ・バン」のケースを鮮やかなブルーのセラミックで仕立ててみせた。ダイヤルはフルオープンで、クロノグラフの精緻なメカニズムを覗かせ、自己主張は一層激しい。まさに遊びが効いたドレスアップを、手元で華やかにドレスダウンするのに最適。

オープンダイヤルのモデルは、他社にも数多く、ソリッドなダイヤルであっても仕上げや色で個性を演出してもいる。ドレスアップを着崩すアイテムに、派手めな時計は実に効果的だ。

【関連記事】​​​​​​​: 2021年新品腕時計情報

オリンピックのゴルフ選手が好きな腕時計です。


こちらは、洗練されたスタイリッシュなデザインが大人の雰囲気を演出する腕時計です。ブランド名であるオロビアンコは、黄金・貴重なもの・重要なものという意味を持っています。

一方、エレットには、エリート・選ばれた、という意味があり、ローマ数字のインデックスとリーフ針のクラシカルなデザインを適切に指しています。高級感のある、イタリア製牛型押しレザーベルトも本格仕様です。

また、縦に並んだスモールセコンドや日付表示窓など機能性も備えたこちらの商品は、ビジネス・カジュアルシーンともによく合います。場面を問わず身につけられるので、誕生日や入学・就職祝いなどのプレゼントにおすすめです。


個性的なデザインが施されたこちらのシリーズは、大人気アクションゲーム「戦国BASARA」とインディペンデントのコラボモデル第2弾です。

今回は、スクエア型の文字盤に人気キャラクターのトレードマークやイメージカラーを配したラインナップで登場しました。
ケースの裏面には、キャラクターの名前が刻印されています。

カラフルな文字盤が特徴的で、ファッションのポイントにもおすすめです。
どれも目を引くデザインのメンズ腕時計ですが、レザーバンドがシックな印象を醸し出しています。

【関連ブランド】:ブルガリ 時計 レディース

カルティエが誇る「アストロカレンダー ウォッチ」とは? その仕組みを解説!

CARTIER(カルティエ)
ロトンド ドゥ カルティエ アストロカレンダー ウォッチ
リューズ操作で“戻せる”円形表示の永久カレンダー
p66-67_main
Vincent Wulveryck ©Cartier

SPEC INFORMATION
アストロカレンダーの2017年モデル。力強い放射状のサンレイギョーシェのダイヤルが与えられた。限定30本。ケースサイズ:45㎜ ケースの厚さ:15.1㎜ ケース素材:18KPG ストラップ:アリゲーター 巻き上げ:自動巻き 搭載キャリバー:Cal.9459 MC 防水性能:3気圧 振動数:毎時2万1600振動 パワーリザーブ:約50時間 ムーブメントのパーツ数:382個 石数:51石 ムーブメントの直径:32㎜ ムーブメントの厚さ:8.1㎜
価格:1944万円
問:カルティエ カスタマー サービスセンター
TEL:0120-301-757

ユニークな円形暦表示に潜む極めて革新的なメカニズム
その姿は、まるで古代の円形劇場を見るかのよう。段差をもって同心円上に外側から日、月、曜日の各表示リングが設置され、中央のステージではキャリッジにCを象ったフライングトゥールビヨンが主役となって舞う。カルティエ 時計製作を担うのは、ジュネーブにあるカルティエの高級時計工房。ムーブメントのパーツも、ケースやダイヤルも、入念に手仕上げが施され、ジュネーブ・シールを取得している。

搭載される複雑機構はトゥールビヨンだけではない。ユニークな円形の暦表示は、永久カレンダーなのである。各表示をブルーのフレームが取り囲んで今日の暦を示し、シースルーバック側には閏年表示も備わる。円形表示によって良好な視認性を得た永久カレンダーは、極めて革新的でもある。驚くべきことに、日と月表示の調整はリューズで進められるだけでなく、戻すこともできるのだ。

一般的な永久カレンダーは、48ヶ月(4年)の月の大小をプログラミングしたホイールを読み取るレバーで日と月の各表示を動かしている。レバーは一方向にしか動かないので、前にしか動かせない。では何故、このアストロカレンダーは戻せるのか? カルティエは、永久カレンダーの日・月表示に、48ヶ月ホイールとレバーではなく、すべて歯車が司る設計を与えたのだ。歯車は両方向に回転させられるから、戻すことが可能となった。48ヶ月ホイールが不要なアニュアルカレンダーには歯車式が多いが、永久カレンダーにはほぼ存在しない。月末の31日と30日、28日、そして4年に1度の29日を正確に表示するために、カルティエが“The Brain”と呼ぶ、複数の歯車とカムが重なる機構が考案された。

なんとも革新的な歯車とカムだけの永久カレンダー機構は耐久性に優れ、壊れにくい。また各表示の切り替え時に必要なパワーも少なく、精度に悪影響を与えない。カルティエの時計製造技術の高さを、アストロカレンダーは証明する。

【関連記事】:高級ブランドと有名人のマッチングに焦点を当てる

ウブロ ビッグ・バン インテグラル オールブラック





初代ビッグ・バンの意匠を蘇らせ、サイズダウンも果たしたシリーズ初のブレスレットモデル。

 ビッグ・バンは言わずとしれたウブロのフラッグシップであり、15年前に初登場してブランド再興の中心となった時計だ。ウブロ HUBLOT 時計その後、自社ムーブメント・ウニコを搭載したり、サイズを大型化(メインは45mm)しながら新たな独自素材とラバーとを組み合わせてケースに採用したりしながら自社のスピリット『アート・オブ・フュージョン』を具現化してきた。ひと目でウブロと分かる見た目や、当時腕時計にあまり採用されていなかったラバーストラップがウケて、この15年間ほぼ成功を収め続けてきたこの時計が今回、大幅に舵を切った。

 このビッグ・バン インテグラルは、本誌でも既報のとおり、ビッグ・バンに初めて一体型ブレスレットを採用したモデルである。より一般的で、現在で大きな需要があるステンレスタイプのブレスレットではなく、ゴールド、チタン、そしてこのブラックセラミックで発表された。本機のみ500本の限定生産だが、このモデルに感動した僕が、あえて手にできる人の少ない時計のレビューをしてみたいと思う。


ひとつずつのリンクが細かく、着け心地抜群のブレスレットが光るインテグラル。サテンとポリッシュの仕上げ分けも見事である。

ウブロ ビッグ・バン ウニコ インテグラル ブラックセラミックの文字盤
ウブロ ビッグ・バン ウニコ インテグラル ブラックセラミックのケースバック

ウブロのヘリテージオマージュは"復刻"ではない
 昨今、時計業界には復刻ブームが吹き荒れているのはHODINKEE読者であればご承知のとおりだが、一瞬、ウブロにもそれが波及したかと思わされた。42mmにダウンサイジングされたケース、縦長の角型プッシャー、バーインデックスなど2005年当時の意匠が満載されているからだ。しかしながら、決定的に異なるポイントがケース自体で、元々サンドイッチ構造を用いて金属やその他の素材とコンポジットレジンを積層する方法がとられていた。本稿下部のサイドビューを見ていただくと分かるように、本機ではセラミックのみでケースが構成され、ベゼル下部にのみレジンが配されている。"異なる素材の融合"に情熱を注いできたウブロにとっては、これはある意味苦渋の判断だったかもしれない。サンドイッチケースで、時計に立体感という新たな価値基準をもたらした同社が、むしろそれと逆のプロダクトを世に出したのだから。つまり、デザインオマージュはしているものの、本機は復刻ではなくウブロの完全に新しい時計なのである。

ページ移動