記事一覧

IWCが2つのサンドカラーのセラミック製 “モハーベ・デザート” ビッグ・パイロット・ウォッチを発表

IWCが 2つのサンドカラーのセラミック製 “モハーベ・デザート” ビッグ・パイロット・ウォッチを発表


IWCシャフハウゼンは、オンライン開催となるWatches & Wondersで、ビッグ・パイロット・ウォッチ・パーペチュアル・カレンダー・トップガン“モハーベ・デザート”およびビッグ・パイロット・ウォッチ・トップガン“モハーベ・デザート”を発表しました。レディースギフトガイドスイスの高級時計メーカーとして、一連のサンドカラーのセラミック製トップガン・モデルを手掛けてきたIWCがビッグ・パイロット・ウォッチにこの素材を採用するのは、今回が初めてです。ダークブラウンの落ち着いた文字盤、サンドカラーの針、そしてラバー・ストラップが、軍用からインスピレーションを得た目を引くデザインをいっそう際立たせます。いずれのモデルもIWC自社製ムーブメント、キャリバー52000ファミリーによって駆動されます。


IWCシャフハウゼンのトップガン・ウォッチは、F/A-18E/Fスーパーホーネットのような超音速ジェット機の機動飛行における最大限の加速度、長期間にわたる空母での配備、天候を問わない緊急任務などを想定して設計された、最先端の技術を駆使した精密計器です。チタニウムやセラミックなどの頑丈かつ耐腐食性に優れた素材を用いているため、米海軍の精鋭パイロットが担う激務にも耐えることができます。たとえばセラミックは究極の硬度と耐傷性を備え、ジェット機の狭いコックピットという厳しい環境で日常的に使用するのに最適です。

2019年、IWCは、サンドカラーのセラミックケースを初めて採用したパイロット・ウォッチ・クロノグラフ・トップガン“モハーベ・デザート”を発表しました。そのデザインは、チャイナレイクの不毛な乾燥した風景からインスピレーションを得たものでした。この米海軍が保有する単独では最大の基地は、ロサンゼルスの北方約150マイルのモハーベ砂漠西部にあります。ここ、海軍航空武器基地チャイナレイクでは、航空兵器システムの開発およびテスト、さらにそれらを使用するためのパイロットの訓練が行われています。

今回初めて、2つの新しいビッグ・パイロット・ウォッチのケースにサンドカラーのセラミックを採用しました。両モデルとも、サンドカラーの夜光素材を用いたダークブラウンの落ち着いた文字盤に、布製インレイ付きサンドカラーのラバー・ストラップの組み合わせとなっています。

ビッグ・パイロット・ウォッチ・パーペチュアル・カレンダー・トップガン“モハーベ・デザート”(Ref. IW503004)は、初めてサンドカラーを纏ったセラミックケースにIWC伝説の永久カレンダーを組み込んだモデルです。異なる月の長さと閏年を自動的に認識できる独創的なこの機械式プログラムは、1980年代初頭、かつてIWCの主任時計技師を務めたクルト・クラウスによって開発されました。ムーンフェイズ表示は北半球と南半球の月相を正確に再現し、必要な修正は577.5年でわずか1日だけです。すべての表示が完璧に同期するため、1個のリューズで簡単にカレンーを進めることができます。82個のパーツで構成され、4桁の西暦表示を備えるカレンダーモジュールを駆動するのは、IWC自社製キャリバー52615です。実質的にほぼ摩耗しないセラミック製のパーツで強化されたペラトン自動巻き機構は、2つの香箱で7日間のパワーリザーブを生み出します。ローターやテン輪といった主要なパーツを含め、ムーブメントをサファイアガラスの裏蓋を通して見ることができます。年間わずか150本の限定生産となっています。

ビッグ・パイロット・ウォッチ・トップガン“モハーベ・デザート”(Ref. IW506003)は、サンドカラーのセラミックを用いた初のビッグ・パイロット・ウォッチです。46 mmケースの内側では、ペラトン自動巻き機構、2つの香箱、7日間パワーリザーブを備えたIWC自社製キャリバー52110が作動します。ムーブメントは軟鉄製インナーケースによって磁場の影響から効果的に保護され、チタニウム製の裏蓋には伝説のトップガンのロゴのエングレーヴィングが施されています。年間わずか250本の限定生産となっています。


【関連記事】:結婚式や謝恩会、お呼ばれにおすすめのパーティードレス

リシャール・ミル、カーボンTPT®と5Nレッドゴールドとを組み合わせた限定エディション「RM 21-01 トゥールビヨンエアロダイン」を発表

リシャール・ミルが誇る高い品質は、その構造はもとより時計を構成する素材からも分かります。究極の環境に耐えるモデルを考案するには、同じく究極の要件を満たすために製造された素材や部品が不可欠です。航空やF1に使われる素材工学を活用し、時計のムーブメントや外装への応用可能性を探るリシャール・ミル。その作品の精度、軽量性、耐久性、信頼性は、採用されている素材とも密接につながっています。新作のRM 21-01 トゥールビヨン エアロダインは、航空工学の世界からインスピレーションを得て、この探求をあらゆる角度から突き詰めたモデルです。


究極の耐久性
リシャール・ミルはRM 21-01で新しいケーズデザインを採用しました。5Nレッドゴールド製ケースの構造は、カーボンTPT®製のベゼルとピラーから成る外側の骨組みによって、一層複雑な様相を見せます。軽量性と耐久性を両立させたこのカーボンTPT®は、分離したカーボン繊維から得られた600以上の平行繊維層で構成されます。



厚さわずか30ミクロン以下のこの繊維層にブラック樹脂を染み込ませてから特殊な機械で各層の繊維の方向を45度ずらしながら織り込み、高圧窯で120度に加熱した後、ミクロン単位で機械加工を施します。堅牢なこの素材は鎧のようにケースを完璧に保護し、20本のスプラインネジによってしっかりと固定されています。カーボンTPT®の印象的な縞模様の仕上がりは、ゴールドの輝きや地板のロイヤルブルーのハニカムモチーフと美しい調和を織りなします。

【関連記事】:スマートな印象を与えてくれる定番のデザインが人気

「カルティエ ブティック 大丸福岡天神店」が装いも新たにリニューアルオープン

「カルティエ ブティック 大丸福岡天神店」が装いも新たにリニューアルオープン!

ガラス張りのファサードから光を取り入れ、明るく開放的な新しいブティックでは、ジュエリー、ウォッチそしてレザーグッズに加え、昨年本格的に展開を始めたフレグランスや、インテリアを彩るオブジェ コレクションの取り扱いをスタート。リシャールミル コピー幅広い製品を取り揃えお客様をお迎えします。


エントランス正面の印象的なアートウォールは、フランスを拠点とする ULGADOR©(ウルガドール)が手掛けたもの。金属箔を酸化・腐食させることで、独創的な色合いをだすギルディング技法を用いて、梅の木とカルティエの象徴 パンテールが美しく描かれています。店内は、オレンジ、ブルー、白、ピンクなど、エリアごとにテーマカラーを設け、福岡・博多の自然や文化にインスピレーションを得た、色彩豊かで華やかな空間が広がります。


世界の舞台で勝利し、スポットライトを浴びる メキシコを代表する20歳の騎手が持つ、夢を実現するための揺るぎない決意。そして、カーボンTPT®を採用した超軽量のRM 35-01は、今ではトレーニングや大会のお守りとなっています。


障害飛越競技で活躍する、カルロス・ハンク・ゲレイロは、リシャール・ミル ファミリーに加わった4人目の馬術選手です。
彼は、乗馬への情熱がどのように始まったかを正確に覚えています。
幼い頃、両親がメキシコで開催するアマチュアの障害飛越競技会に同行していました。リシャールミル 時計カルロスはすぐに観客から騎手になり、家族の楽しみが少しずつ自分の情熱に変わっていったのです。

【関連記事】:青森県の最新ファッションブランド

オーデマ ピゲ2021年新作第二弾、光をとらえてきらめく 新しいロイヤル オーククロノグラフ 38mm

オーデマ ピゲはロイヤル オーク クロノグラフ38ミリの新モデルを発売します。このモデルはオーデマ ピゲ ブティックのみで販売されます。バゲットカット アメジストをセットしたベゼルを組み合わせた18Kピンクゴールドのタイムピースの発売は、マニュファクチュールにとって初めてのことです。オーデマピゲ 時計 価格パープルのジェムストーンがパープルのダイヤルを囲むという、完全にカラーマッチさせたデザイン。マニュファクチュールのクラフツマンたちが作りあげたタイムピースのダイヤルは、パープルのカラーが光をとらえて微妙に変化します。



●新モデル、ロイヤル オーク クロノグラフの18Kピンクゴールドケースとブレスレットには、エレガントなパープルダイヤルと32個のバゲットカットアメジストをセットしたベゼルが輝く。©オーデマ ピゲ提供


38ミリの新しい自動巻きクロノグラフ
ピンクゴールドとパープルのトーンを組み合わせたこの新モデルは、2019年に発売されたロイヤル オーク クロノグラフ38ミリのラインに加わります。
エレガントでスタイリッシュなピンクゴールドケースとブレスレットは、オーデマ ピゲのシグネチャーであるポリッシュとサテンを組み合わせた仕上げ。搭載するのは自動巻きキャリバー2385。その機能はクロノグラフ、時、分、秒、スモールセコンド、デイト。サンドブラストとサテン仕上げを組み合わせて装飾したピンクゴールドのケースバックには、“Royal Oak”のエングーレビングが輝きます。



新しいパープルダイヤルと尽きないバリエーション
パープルダイヤルの「グランドタペストリー」パターンは、光を受けてカメレオンのようにカラーが変化するという、マニュファクチュールにとって初のエフェクトをもたらすダイヤルです。この変化はダイヤルにパープルのPVDの層を何度も重ねることによって実現しました。ウォッチのアングルや光によってトーンはピンクからパープルの間で変化しつつ、ブルーのニュアンスが繊細にからみあいます。

ダイヤル上には3つのパープルのクロノグラフカウンター。18Kピンクゴールドのアプライドアワーマーカーとロイヤル オーク針はケースとブレスレットにマッチさせ、ダイヤルカラーとのコントラストを演出しています。



アメジスト:エクセレンスと技術的チャレンジ
この新しいクロノグラフのベゼルには32個のバゲットカットアメジスト(トータル約2,85カラット)をセットし、パープルのカメレオンダイヤルと美しいハーモニーを奏でています。マニュファクチュールがパープルのジェムストーンのフルセットベゼルをデザインしたのは今回が初めてになります。

【関連記事】:http://knowledgable.top

「FORTUNE TIME watch concierge」がNEW OPEN~ジャーマン・ウォッチが充実

銀座・有楽町の「阪急メンズ東京」にオトコの腕時計のセレクトショップ「FORTUNE TIME watch concierge」がNEW OPEN

株式会社大沢商会は、2021年8月23日(月)、阪急メンズ東京B1Fに機械式腕時計を中心に独自の編集でセレクトした専門店、ウォッチコンシェルジュ「FORTUNE TIME -フォーチュン タイム-」をオープンいたします。



1890年京都にて時計製造業として創業し、時代に先駆けて優れた生活文化を紹介し続けている会社「大沢商会」。その時計事業においては、ヨーロッパを主体に海外のブランドウォッチの輸入販売からファッションブランドウォッチの企画・生産・販売・アフターサービスまでのトータル展開でお客様の支持を集めてきました。

この度、銀座・有楽町エリアにオトコの大好きなモノが集まる阪急メンズ東京B1Fに、トレンドに左右されないシンプルデザインのメカニカルウォッチから個性あふれるデザイン性の豊かなファッショナブルウォッチも取り揃えた「FORTUNE TIME watch concierge」をオープンいたします。

お客様のライフスタイルに合わせたお気に入りの1本が見つけられる、ご要望・ご相談にお応えいたします。
店内には、ノモス グラスヒュッテ、ジン、ユンハンス、ミューレ グラスヒュッテ等のドイツ製機械式時計の豊富な品揃えに加え、スイス、ロシア、ジャパンメイドの時計を含めた厳選した20を超えるブランドを取り揃えております。

長年にわたる時計の輸入代理店として培われた品質基準を持ち、アフターサービス等の体制も完備し、優れた時計を厳選してご提案させていただきます。


「ノモス グラスヒュッテ カスタムコーディネートフェア」開催
■8月23日(月)~9月12日(日)

オープンを記念して、ドイツの本格的機械式時計 NOMOS GLASHÜTTE ( ノモス グラスヒュッテ)のカスタムコーディネートフェアを開催いたします。



9月12日(日)までのフェア期間中、時計をご購入いただく際、標準ストラップのコードバンやベロアレザーに加え、通常ではオプション購入になる新型のメタルブレスレットの中から、お好きなストラップをお選びいただけるサービスのご提案をいたします。



●ルイ・エラール×アラン・シルベスタインモデル ¥495,000


また、オープン記念として、お買い上げのお客様に先着でオリジナルノベルティをプレゼントさせていただくブランドも数多くご用意しておりますので、どうぞお見逃しなく。


【関連記事】:http://knowledgable.top