記事一覧

新色カラーバリエーション(ローズゴールド)も入荷

時計作りの中心地スイス・ドイツから遠く離れた、タグホイヤー 時計 ゴルフチェコ東部のポーランド国境の小さな町で作られるプリムの時計は、50年代の雰囲気を残しつつも独自の発展を遂げてきました。 
その個性的なプリムを代表するこの「パヴーク(pavouk)」はチェコではおめでたい生き物の蜘蛛を意味し、よく見ると蜘蛛にも見える印象的なフォルムをしています。


文字盤の逆ハート模様もユニークなデザインです。ボヘミアングラスをカットした丸みのあるガラス、スーパーコピー時計一つ一つ型を抜いて若い職人が磨く針など50年代の伝統的な製法を今も続ける希少なメーカー「プリム」の逸品をお楽しみください。

■小さな34㎜マニュファクチュールムーブメント。
34㎜の小ぶりなサイズもプリムの自社製造ムーブメントならではのサイズ。
自社製造比率90%を超えるマニュファクチュール。

■ハンドメイドのディテイル
手間暇を惜しまないプリムでは針を自社で型抜き、一つ一つ職人が磨いています。
チェコ名産のボヘミアングラスを贅沢に使ったユニークなガラス


【関連記事】:【超人気質屋】超美品、高品質、ファッションブランド 独占的な販売