記事一覧

待望の「キングセイコー」レギュラーモデルが登場

セイコーは、1961年に誕生した「キングセイコー」を復刻させたレギュラーモデルを発表した。当時の国産高級時計市場を牽引したキングセイコーを、現代の技術で蘇らせた5種の新作は、2022年2月18日(金)からセイコーブティックで、そして7月8日(金)からは全国のセイコーウオッチサロンで発売を開始する。


国産高級時計市場を牽引した「キングセイコー」の復刻モデル
 セイコーは1950年代後半から、国産腕時計の新時代を切り開くべく、腕時計に求められる性能を見つめ直し、ムーブメントの設計やデザインに独自の思想を宿す、画期的なモデルを次々と生み出した。グランドセイコー コピーその代表格が、1960年に誕生し国産腕時計の最高峰と称される「グランドセイコー」で、また翌61年に誕生した「キングセイコー」も高級機のひとつだ。



セイコー「キングセイコー」SDKS001
1965年に誕生したキングセイコー“KSK”のオリジナルカラーを再現する、メタリックグレーのダイヤルが特徴の1本。上下に流れる繊細なヘアラインパターンを施し、現代的なアプローチを見せる。自動巻き(Cal.6R31)。24石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約70時間。SSケース(直径37mm、厚さ12.1mm)。10気圧防水。19万8000円(税込み)。2022年2月18日(金)よりセイコーブティック、7月8日(金)よりセイコーウオッチサロンで発売開始予定。
 このキングセイコーでは、高級腕時計としての性能と先進的なデザインと適正な価格の共存を実現し、その後の国産機械式腕時計の進化を牽引した。今回キングセイコーというブランドの復活にあたり、開発の土台として採用したのは“KSK”と呼ばれる2代目キングセイコー。

 1961年に発売された初代モデルには無かった防水性能や、秒針を止めて正確な時刻合わせができる秒針規制装置を備え、実用的なスペックは当時高い評価を得た。セイコーシンプルかつ視認性を確保した文字盤や、エッジを際立たせたラグとケースサイド、ボックス型の風防など、2代目キングセイコー独自のデザインを持ちオリジナリティを確立したモデルである。

【関連記事】:hacopyファッションセレブの最新情報

コメント一覧

ナイキ コピー URL 2022年02月17日(木)16時19分 編集・削除

ナイキスニーカースーパーコピー専門店、ナイキス偽物通販

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー